« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

サンマ北単騎

天鳳サンマでは北は抜きドラになっていて、北を抜くとリンシャン牌から牌を持ってくる。

ちなみにそれであがればリンシャンカイホウだ。

ということは抜く行為は加カンみたいなもん?と思って北単騎にしてみた

1_3

ぉ。抜かれましたよ…

2_3

あがれました。

3

でもチャンカンは付かないんだねヽ(´c_,`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスマシーン

1_2

ポイントを献上しまくっています。

東南は調子ええやーんと始まったはずなんですが、いつの間にかラスがトップ回数を上回っていました。

2_2

みなさん!ここに鴨がいますよっヽ(´c_,`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳳凰卓への道①

 僕が小さい頃、親が友人を家に呼んで麻雀をやることがあった。

 ルールは教えてもらえなかったけど、後ろで見ていれば3個づつのセットを作っていくもんだってくらいは理解できた。面白そうだと思って何度もやりたいと言ったのだが、まだ早いと言われ結局やらせてはもらえなかった。子供同士でドンジャラをやることはあったが、これは不思議なことに全く面白くなかった。

 次第に親は麻雀をやらなくなり僕も麻雀を忘れていたけれど、大学に入って麻雀をやる友人と出会った。正確には麻雀をやりたいと思っている友人だが。ちょうどそれを知ったのが大学1年生の夏休みに入る直前くらいだったと思う。テストが終わり、僕は免許を取るために帰省することになったから、後期になったらやろうと約束した。帰省したついでに父に麻雀のルールを教えてもらった。そして、当時まだ小学生だった妹にもルールを無理矢理教えて、押入れから牌とマットを持ち出してきて実践してみた。妹にしてみればとんだ迷惑だったと思う。「麻雀やる小学生ってどうなの?」と愚痴っていたのを覚えている。

 最初はまず役を覚えていき、その日の内に点数計算もできるようになった。(あがってから点数申告まで1分以上かかったが。)が、全然勝てない。大学に戻るまでに何回もやったが、毎回父が勝っていた。母は負けていたけれど、喰いタンが大好きで、何故かひとさし指を立てながら、「ポーン♪」とか「それチー♪チー♪」とか、とても楽しそうに鳴きまくっていた。麻雀は面前でやるもんだという考えの父からはたまねぎ麻雀とバカにされていたけれど(よく鳴くから)、今にして思えば母は時代の最先端を行っていたことになる。

 まぁ、それは置いておいて、父が常に勝つということはやっぱり何かあるに違いない。それについて、確かに教えて欲しいとは思っていたが、教えてくれと言ってもないのに教えてくる父。麻雀打ちは基本教えたがりなのだ

 まず、面前で手を作るもんだと教わった。鳴いてばっかいたら運が逃げていく。役牌は1枚目で鳴いちゃいかん。と。運どうこうは置いておいて、クイタン1000点をあがっては負けていく母の姿を見ていたためこれはすぐに納得した。

 次に、三色をあがるのがうまい人だと教わった。つまりは役を作るのがうまい人だと。役を作ってダマで高い手をあがるのが重要なんだと。これも父の綺麗で点数の高いあがりを見ていたため納得した。麻雀は三色なんだ!ちなみにこの三色に対する圧倒的な勘違いが、この後1年ほどの間、どんな状況でも3色を狙いに行き、最終的にはツモった状態からフリテンリーチで三色をあがりにいくバカを作り上げることになる。

 次にペンチャンの落とし方。2→1の順で落とすのがうまい人だと教わった。ん・・・?うん。まぁそんなものなのか。と自分の中のもやもやは一旦封印して聞き入れる。なにせ麻雀に関して何も分からない状態だ。とりあえず父の麻雀を全部吸収させてもらって、その後良いところだけを残して、自分の麻雀を作り上げていけばいいと思っていたから。どうやら3の受け入れを拒否するのがかっこいい打ち手らしい。こういう切り方をすると相手にうまいな~と思わせることができるんだと。

 最後に「流れ」だ。僕は麻雀初日で「流れ」という不思議なものに触れた。流れを呼び込む方法として一番効果的なのが、「調子の良い人の牌を鳴く」ことだと教わった。調子のいい人のツモる牌が自分に来るから鳴くんだと。(麻雀は鳴きが入らない限り、ツモる牌は最初のサイ振りで決まるのだ。)どうやら調子の良い人のツモる牌はまとまるから、鳴いた後にツモった牌で面子を構成していくのが良いらしい。はっきり言って、もう何がなんだか分からない。

 僕の麻雀初日は、とても混沌としていた。

 つづく?

人気ブログランキングへ←くり~っくヽ(´c_,`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Air

1

 

信じられるかい?これ放縦してないんだぜ…

まぁこんなこと普通にありますね。空気ラスってやつ。

ラスったこと自体は別によかったんだが、この半荘の南2局にちょっとひっかかるところがあって牌譜を見返していた。図はトップ目のトイメンからリーチがかかったところ。

2  

アンパイもひかなかったので僕は1萬を落としていった。次は下家の一発目のツモの図。

3  

ツモは赤5p。下家は赤5pをツモ切る。さらにその後2sも切っていった。↓

 

4_2  

この局の結果は、赤5pの筋を追った上家の放縦。↓

 

5  

 

赤5p切り、2s切りまでは「いい手張ってんのかな?覚えてたら後で牌譜見てみよう。」くらいにしか思ってなかったんだが、トイメンのあがり役を見た時に違和感を感じた。

 

まずトイメンのリーチの意図が分からない。2着と2万点離したトップ目。手牌は役有の愚形。なぜダマじゃない?

次に下家。一発目で赤5pを押して2sも押してる。

さらにトイメンは赤5pの筋待ち。序盤で河にヒントも少ない状況。出るなぁ。

 

 

見返して、まず下家。

赤5pツモの段階でイーシャンテンの悪形。リーチ者の現物2枚持ち。攻めるとしたら、有効牌を即引いても超危険牌を最低2枚は通さないといけない。ここから勝負する価値あるかな?ないよね。点棒状況加味したらなおさらないよね。上級卓や特上卓ならこんなの気にもしないし、むしろこういったゼンツが存在するのがそれらの卓だと思ってる。けどここは鳳凰卓。こんな打ち手いるか?

赤5pの筋に関しては、リーチかかった時に持ってなかったから意図がこめられてることはなさそう。

あるストーリーを予想しちゃうんだな。

下家が暫定3着。2着に上昇したい。幸い、手にはドラが一枚と赤が一枚ある。しかしイーシャンテンの愚形残り。親は南をポンしているからこのままだとスピードで負けるかもしれない。が、上家の親はトップと2万点差の2着でトップはちょっときつい。どちらかというとトップになるより3着落ちを避けたいところ。この状況にトップ目のトイメンからリーチがかかれば手が止まりそうだ。上家の手が止まったところで下家は手を進める。あたり牌は持ってないから真っ直ぐ行ってもあたらない。当然赤5pだってノータイムで切り飛ばす。手が進んで2sもいらなくなる。こんな感じで下家が着々と手を進め、あがる。というストーリー。

が、結局上家からトイメンのあたり牌が出た。このストーリーとはちょっと違うけど下家にとってはいい展開だ。

無理矢理すぎる? 

 

 

つまり僕はトイメンと下家に黒い繋がりを感じてしまった。最近覗き見のことがあったから神経質になっているのかもしれない。他の局を見返しても変なところはなかったから、ただ考えすぎてるだけか…

 

もし繋がっていたら当然嫌だし、みんなが普通に打った結果を勝手に黒く予想していたら自分が嫌だ。真相は分からないが後者の自己嫌悪感が強く、この後打つ気にはなれなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打てない…

酔っ払った状態じゃ天鳳は打てない。

こんな状態で打つのはポイントを無条件で献上してるようなもんだ。 

 

 

でも打ちたい。

でも打てない。いや、打ってはいけない。

それでも天鳳をやりたい。

 

(・∀・)!!!!

 

サンマやればいいやんけ。まだ負けを怖がる立場じゃないし。

1_2 

この通りサンマとか鉄雑魚だからーwww

サンマは…わっかんねぇw

打ち方ぜんっぜんわかんねぇw

 

 

 

特上すら雲の上w

 

 

 

 

打ちたい病も一回打ったらなんとか収まってホッとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇的な生還

オーラス。親。持ち点800点!

1

ほぼラスは確定だろう。確定だろうけれど、

もちろんまだ諦めてはいない。

2

中盤にようやく白が鳴ける。もちろんどこからでも仕掛けるつもりだった。

3

そこへトップ目からリーチの声が。まぁ関係ない。完全に真っ直ぐ行くしかない。

リーチ宣言牌↓

4

ドラちゃん(・∀・)!

 

 

5

ポンして3-6s待ちでテンパイ。一の矢として打点も最高。ウヒヒとか思っていた。

 

 

6

さらにウヒヒな展開になる。リンシャン牌に3-6sがいれば跳満だし、新ドラが乗っても跳満だ。

 

 

 

が、そこまでうまくはいかない。咲にもなれず、新ドラも乗らなかった。

 

 

 

 

が、

7

 

…おや?

 

8_2

おやや?

 

9

 

おおお?w

 

10

 

2の矢も、3の矢もいらんかったわぁ( ̄▽ ̄)

この半荘のラスが回避できたのはでかい。完全にラス番の半荘だったから。

 

 

ちなみに対面のドラ切りはおそらく、押したくもないリーチボタンを押しちゃって仕方なく切ったものだと思う。だってフリテンリーチだったし( ̄▽ ̄)

 

 

 

この半荘こそ凌いだ(?)ものの、現在着々とラスの山を築いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不正ですって

 月刊ネットマージャンや人気ブログランキングに登録されているいろんなブログに「配信覗き見云々…」ということが書かれていた。なんのこっちゃと思いいろいろ見ていたのだが、理想雀士さんのブログを見て事態を把握することができた。どうやら「新しく十段になった人が他人の配信を覗き見て打っていた。」ということらしい。麻雀は相手の手牌が見えないから面白いのにね。わざわざ自分で麻雀をつまらなくしちゃったんだね。

 

 この事件(?)を知って、十段には魔力があるんだなって思った。まるで指輪物語に出てくる指輪だよ。指輪物語読んだことないけど。(ぇ わざわざ楽しさの消えた麻雀を打ってまで十段になりたかったのは、十段になることで周りから認められたかったのが理由かなって勝手に想像している。なんかかわいそうだ。十段にとり憑かれて麻雀の楽しみを見失ってしまった彼が。さらに、ばれなければ周りから認められていただろうから多少救いはあっただろうけれど…今は全部失ってしまった。名声も麻雀の楽しさも。もう周りの目が変わることはないだろうけど、今回ので目を覚まして、もう一度麻雀の楽しさを思い出してくれればいいなと思う。

 段位が目標になることはいい。僕も常にひとつ上の段位を目指している。でも段位は「自分にとって最高の麻雀を打つ」ことの先にあるからこそ価値があるんだよヽ(´c_,`)ノ

 

 

 

 ちなみに「配信を禁止するべきだぁ云々」の話は論点間違ってるんじゃね?って思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タオパイパイ

好配牌が止まらない。

1

激熱。

2

あれ?

・・・・・・・・・。

あれが見える・・・

3

これは・・・

南。南。南。南。南。南。。。。。。

4

んー

5

リーチ!

 

 

 

こうして役満は離れてゆく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キレ打ち

僕はめったにキレ打ちしません。

振っても「やられた~。」くらいです。

 

 

たぶん。

 

 

でもトップ目だった時のこの

1

8000放縦で( ゚д゚)ポカーン となって、次の局にこの配牌

2

ドラトイツ(ニヤリ 役牌重ねて、ドラも重ねて8000返しだなぁ、コレ。

3

この7pを

4

ツモ切った。ドラ暗刻るからいらん(ぇ ←キレ打ち

その後6pを鳴けてこのテンパイ

5

これに

6

これを持ってきて

7

こうする。ここは跳満でしょ。2sツモるし。 ←キレ打ち

反省。。。(゚ー゚;

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10段遭遇

10段と同卓する確率と、トキワの森でピカチュウに遭遇する確率はどちらが高いんだろうか。

 

東南赤なしに予約者がいたから予約しておいたら、

1

ん? なんかすっごいのおる。

7段から見た4段が養分なように、

10段から見た7段は栄養たっぷりな養分なんだろう。

まぁ元々7段なんて鳳凰卓の養分なんだけれど。

途中、上家との3pめくりあいに10段様が手牌透けてるぜといわんばかりの

2

カン3pおっかけリーチ。とかなんとかで

順当にトップ攫われました(^-^;

10段と同卓するってことは、新幹線に乗ったら隣にくみっきーが座ってたぐらい価値のあることなので

積極的に東南赤なし狙っていこうかなと、ちらっとだけ思った夜12時。

人気ブログランキングへ←ぽちぽち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ怖い!

南2局に

1_2

この配牌もらって

2_2

カンチャンテンパイ。で、当然の如く

3_2

白ツモ。

4_2

点数も上がって待ちも一気に5面張。

5_2

(リーチかけてないけど)即引き。

次局に、

6_2

この配牌。中は墓の下まで持っていくけど、一応トイツったりもするかもしんないし、他家に合わせうちできるかもしんないから鳴いていくつもり。白あるから鳴いたってベタ降りできるかんね。たぶん。

7_2

トイツった(・∀・)

8_2

4sトイツ落としと同時に張る。怖い。

9

上家からリーチかかってベタ降りしようと思ったら

10

やっぱ怖い!

ここで、もうトップでしょ。と気が抜ける。

次局、もう連荘する気ないから配牌から中側の牌を切ってったらなんか染まる。

そこへドラ引き。

11

ドラ引きなんだけどドラだと気づいてない。ちなみに他家が鳴いてるのも気づいてない。

切ったら、

12

ん・・・

ぁ? ぁれ? あれれ?

なんかいつのまにか確定マンガンの方がいる・・・

しかも自分でドラ鳴かせてる(;;;´Д`) 配牌もらった時はドラだけは切らないって誓ったはずなのに。

なんとか目が覚めてベタベタ降りました。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これお決まりなんだろうか(^-^;

くみっきーかわいすぎだろー!

ドキドキしちゃったよヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ 有田さんがんばれ!

(※しゃべくり7ネタです。)

 

 

ブログランキングに登録しました。

例え末席でもあそこにあれば、このブログも多少人の目に触れるかな~と期待してます。

 

 

それにしても、

 

 

 

 

くみっきーかわいかった(ry

 

 

麻雀の話をしますか。

僕は最近では東南戦赤有を中心に打っています。が、なんでも打ちます。東風も打つし、赤無しも打ちます。特上のとある時期は東風と東南と東南赤なしを全部押して、当選したとこで打つスタイルでやってましたし。最近ではやってませんけど。

なぜやってないかって

東南戦なのに東風だと思っていて、東4局に満貫を差し込んだり、

東風戦なのに東南だと思っていて、ラスなのに東4局でベタ降りすることが頻発したから。

アホです。

 

ということで予約は東南戦1卓のみにしてるために東南戦が主戦場になるわけです。

なかなか始まらない時に東風が3人待ちって状況になると突撃するので東風戦が打てます。

でも今日は東風でもなく、珍しく東南戦赤無しが2人待ちだったんでそっち行きました。

普段赤有ばっかだから養分にされることを覚悟しつつ…

 

 

開局早々

1

対面さんの当たり牌を一発で持ってくる。何も悪いことしたつもりないんだけどな(´・ω・`)

ベタ降りしたらハイテイでツモられました。

2局目、

2

裏乗って5200放縦きついヽ(´c_,`)ノ

あたってもメンピンかリーのみだろと高をくくっていたとこにドラがいて、裏も乗って…

点数以上に精神をやられる。

 

その後下家さんと対面さんが上位争い、上家さんと僕が下位争い。

そこで上家さんが下家さんに…

3

ぉ?

4

鳳南赤無し怖い!

1pと9pは持ってきたら喜んで切って対面さんに当たってたな。

上家のラス親は下家さんが1000点キックし、オーラス

5

お決まりのオーラスチート配牌を頂戴する。目指せ2着。で、次順。

6

即テンパイなんですけど…

ま、こういうのもあってもいいか!打東リーチ!

7

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

怖い!

 

 

これ2着どころか1着あるんじゃない?赤有雀士だって赤無しで勝てる!

8

そこまで甘くなかったヽ(´c_,`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちゃいました

1000点で十分なのに超絶チート配牌を頂戴する。

1_5

3順目に5mを持ってくる。

2_4

打7mで中・3アンコ・ドラ・赤赤のダマッパネをテンパイ。こわっ。

で対面の親の3フーロに対し5pを持ってくる。

3_5

普通に5p通りそうなのに打6p。雑><

で、

4_4

あれ?

5_3

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無法の単騎待ち?

下家から手出しの赤5sが出る。

1_2

もうマンズは切らない。

その順目に上家から手出しの7mが出る。テンパイとして扱っていい。

2_2

マンズとピンズが危ない。

下家にソウズは全部通す

上家にも通りそう。

そこへ8m引き。

3_3

とりあえず切らない。

ソウズごっそり落とせそうだから打3s。

4_2

7700放縦。

んー。これはどうせ振りそうだけれど、7m切りに焦点が合ってなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大事を小事の犠牲にしてはならない

2回しかツモってないのに下のような状況。

1

上家の親が3フーロ、下家が2フーロホンイツ模様、対面1フーロ。

なんとか他家同士で振り合って欲しい。

親は4sを456で鳴いてるから23sと持ってる1-4sのリャンメンはなさそう。

ちょうど下家はホンイツだし鳴いて手が進んでくれたらいいな~の打1s。

結局その1sを下家が鳴いて終盤に、

2

下家が親に2900を振る。ラッキー。

自分の意思が作り出した展開に持ち込めて、思い通りの結果になった時って楽しいって思う。(たとえその意思がもたらした影響がほんの少しでも。)

ちなみにここでトイレに行きたくなった。南1局…。代走はいない…。

自分の親も終わって南3曲。そこへ下家の親が2フーロ。

3_2

東か白か9萬か…

その後対面の東を鳴かなかったから白か9萬。

そして親に対し絞った白を重ねる。

4

ここで違和感。この順目で白持ち持ち?なんか俺間違ってるかも…と感じる。

まぁどっちにしろ打4p。もう頭の中9割9部トイレ。で次順。

5

あとで見返して七萬が通ることに気づいたけど、適当な打3s。で、次順。

6

上家が手出しの白。強いな、と一瞬思うものの、アンパイ増えた~と喜ぶ。そこへツモ5p。

親に通ることを確認してダブルクリックで5pを放つ。

上家に12000放縦。

 

 

 

オバカヽ(´▽`)/

あの白から上家が自分があがるっていう意思を持っていることを読み取って、警戒しなければいけない場面。なのにアンパイ増えた~とかバカじゃない。

とりあえず七萬でしょ!ていうかまず3sからおかしいんだけれど。ちゅーか5pとかありえんから!

でもその時はトイレしか頭になかった。身も心もトイレ一色

オーラスもひどくて

8

何も考えずに上家の西をスルー。

結局横移動で3着だった。

内容的にはラスだった。

 

 

 

1s鳴かせて横移動に期待とかそういうことの前に、大事なことをきちんとやることが大切だと思う。

大事を小事の犠牲にしてはならない。byゲーテ

ちょっと違うかぁw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイリスクノーリターン.

対面が僕.Dさん視点でDさんが切った9sを僕がポンしたところから.

1_6

2_5  

3_3 4_2

5_3

まだマンズ押せる.そして東単騎で形テンだ!と,この順目で,この手牌で考えてました.なんて幸せな脳内だ(;;;´Д`)ハァァァ

 

 

 

ブログのタイトルを天鳳に首ったけ日記に決めました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にきた.

九種九牌はほとんど流します.

天鳳だと九種九牌の場合「流す」ってボタン出てくるので,ボタン出てきたら九種あるか確認もせず反射的に流してますね.

ラスった次の半荘,東4局親番,暫定2着にこの配牌.

1_2

危うく流すところだった.

これは行く( ^ω^ ) ちょー行く.絶対行く.さっきラスったしトップ取る.でもリーチかかったら降りる.

数順後...

2_2

ジャーン♪ごちごち.そういえば天鳳じゃ役満すら初めてかもしれない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒモ

Photo_4

完全に養分にされた(;;;´Д`)

 

 

 

 

画像が貼れたので大満足です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »