« 打てない… | トップページ | 鳳凰卓への道① »

Air

1

 

信じられるかい?これ放縦してないんだぜ…

まぁこんなこと普通にありますね。空気ラスってやつ。

ラスったこと自体は別によかったんだが、この半荘の南2局にちょっとひっかかるところがあって牌譜を見返していた。図はトップ目のトイメンからリーチがかかったところ。

2  

アンパイもひかなかったので僕は1萬を落としていった。次は下家の一発目のツモの図。

3  

ツモは赤5p。下家は赤5pをツモ切る。さらにその後2sも切っていった。↓

 

4_2  

この局の結果は、赤5pの筋を追った上家の放縦。↓

 

5  

 

赤5p切り、2s切りまでは「いい手張ってんのかな?覚えてたら後で牌譜見てみよう。」くらいにしか思ってなかったんだが、トイメンのあがり役を見た時に違和感を感じた。

 

まずトイメンのリーチの意図が分からない。2着と2万点離したトップ目。手牌は役有の愚形。なぜダマじゃない?

次に下家。一発目で赤5pを押して2sも押してる。

さらにトイメンは赤5pの筋待ち。序盤で河にヒントも少ない状況。出るなぁ。

 

 

見返して、まず下家。

赤5pツモの段階でイーシャンテンの悪形。リーチ者の現物2枚持ち。攻めるとしたら、有効牌を即引いても超危険牌を最低2枚は通さないといけない。ここから勝負する価値あるかな?ないよね。点棒状況加味したらなおさらないよね。上級卓や特上卓ならこんなの気にもしないし、むしろこういったゼンツが存在するのがそれらの卓だと思ってる。けどここは鳳凰卓。こんな打ち手いるか?

赤5pの筋に関しては、リーチかかった時に持ってなかったから意図がこめられてることはなさそう。

あるストーリーを予想しちゃうんだな。

下家が暫定3着。2着に上昇したい。幸い、手にはドラが一枚と赤が一枚ある。しかしイーシャンテンの愚形残り。親は南をポンしているからこのままだとスピードで負けるかもしれない。が、上家の親はトップと2万点差の2着でトップはちょっときつい。どちらかというとトップになるより3着落ちを避けたいところ。この状況にトップ目のトイメンからリーチがかかれば手が止まりそうだ。上家の手が止まったところで下家は手を進める。あたり牌は持ってないから真っ直ぐ行ってもあたらない。当然赤5pだってノータイムで切り飛ばす。手が進んで2sもいらなくなる。こんな感じで下家が着々と手を進め、あがる。というストーリー。

が、結局上家からトイメンのあたり牌が出た。このストーリーとはちょっと違うけど下家にとってはいい展開だ。

無理矢理すぎる? 

 

 

つまり僕はトイメンと下家に黒い繋がりを感じてしまった。最近覗き見のことがあったから神経質になっているのかもしれない。他の局を見返しても変なところはなかったから、ただ考えすぎてるだけか…

 

もし繋がっていたら当然嫌だし、みんなが普通に打った結果を勝手に黒く予想していたら自分が嫌だ。真相は分からないが後者の自己嫌悪感が強く、この後打つ気にはなれなかった。

|

« 打てない… | トップページ | 鳳凰卓への道① »

天鳳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1329184/33449953

この記事へのトラックバック一覧です: Air:

« 打てない… | トップページ | 鳳凰卓への道① »